看護師

髄膜腫にならないために|腕の良い病院を探しておこう

背骨の神経の治し方

医者と看護師

背骨のケアの役立つ知識

背骨の中にある神経が圧迫されることで、身体の様々な部位に異常が現れる病として、脊柱管狭窄症が広く知られるようになりました。脊柱管狭窄症の治療方法には、主に保存療法と手術療法があり、それぞれの情報を詳しく解説します。保存療法は薬物治療を中心とするもので、脊柱管狭窄症による痛みを抑えるための鎮痛薬に加え、神経の血流を改善する薬剤を服用することで治療を進めます。痛みがあまりにも強い場合は、背骨の神経やその周辺にブロック注射と呼ばれるものを施すこともあります。手術療法では、圧迫された脊柱管を広げたり、脊柱管の神経に影響している背骨の一部を削ったりする治療方法です。手術と言うと深刻に聞こえますが、脊柱管狭窄症の手術の予後は一般的に良いとされており、確実な回復が期待できます。

背骨のケアが広がった理由

老化や姿勢の悪化で起こる脊柱管狭窄症は、近年の高齢化社会やデスクワークの多い日本で患者が多く、メディアで取り上げられることが多くなりました。また、このような状況に伴って脊柱管狭窄症の研究や新たな治療方法の開発も急速に進んでおり、積極的に多くのメディア、医療機関から情報が発信されています。そのため、情報を得た患者が医療機関を受診することが多くなり、きちんと治療を受ける方が増えています。最近では切開部分の少ない内視鏡手術や、切開自体が必要のないレーザー治療など、画期的な手術方法が提供されています。回復も早いと言われる脊柱管狭窄症は、怖い病気というより、早期治療が大事という認識が広まり、実際に受診・通院している人が増加しています。