看護師

髄膜腫にならないために|腕の良い病院を探しておこう

原因不明の大腸の病気

医者

免疫システムが原因か

潰瘍性大腸炎とは大腸の粘膜に炎症が起こり、びらんや潰瘍ができてしまう原因不明の病気です。潰瘍性大腸炎の主な症状は血便と下痢や腹痛、発熱、嘔吐などですが、炎症の範囲が広がると良くなったり、悪くなったりの症状を長期にわたり繰り返す特徴があります。潰瘍性大腸炎の原因は異常な免疫の働きと考えられています。自分の体を外敵から守るための自己免疫システムが異常に働いてしまう事で、自分の腸内粘膜を外敵と判断して攻撃してしまうと考えられています。この免疫システムの異常による病気には多発型円形脱毛症などがありますが、潰瘍性大腸炎を含め免疫異常を起こす原因は不明とされています。その他にウイルスや細菌を原因とする考えや、乳製品や肉類が多い欧米型の食事を原因とする考えがあります。しかいこの考えにも明らかな答えがなく一つの説に過ぎないのです。

診断と治療方法

潰瘍性大腸炎の診断は内視鏡やバリュウムによる透視検査で腸内の状況を調べ、血液検査、組織検査で病気を特定します。治療は薬物治療、白血球除去、顆粒球吸着療法、切除手術などで行われます。潰瘍性大腸炎の症状にもよりますが、内科療法として薬物治療を行うケースが多くあります。薬物治療で使われるのは5−ASA製剤、副腎皮質ステロイド剤、漢方薬、免疫抑制剤などで、主に5−ASA製剤と副腎皮質ステロイド剤による治療が行われます。外科治療が必要な場合には、大腸を全摘出する事になります。患部だけを切除しても、残った腸に炎症が出てしまう事が多いのが理由です。また大腸を全摘出しても生命には問題無い事も理由の一つです。