ドクター

髄膜腫にならないために|腕の良い病院を探しておこう

新しいがん治療法

診察室

患者にやさしい治療法

がんの治療法には手術や抗がん剤、放射線治療といった様々な苦痛を伴う方法が一般的となっています。しかし、最近ではサイバーナイフという治療法が注目を集めています。サイバーナイフとは、高い数値を持つ放射線を当てがんを治療する装置のことです。主に脳や鼻などといった頭部の治療に使われます。コンピュータ制御によってがんがある場所に確実に当てることが出来るのが特徴です。また、他の細胞を傷つけずに治療する為手間のかかる手術や長期間の治療がいらないという点も大きな特徴です。これにより、患者が従来の激しい痛みを伴う副作用や精神的体力の低下などといったがん治療の欠点から解放されることになります。このような特徴を持つことから、がんを患っている患者に人気の治療法となっています。

治療に向う前に

サイバーナイフの治療を考える際には、まずかかりつけの病院で診察を受けてから医師に相談するのが一番良い方法です。現在ではサイバーナイフを扱っている病院は数多くあります。しかし、サイバーナイフでがんが完治できるとは限りません。サイバーナイフを扱っている医師は脳外科専門の方が多く頭部以外のがんには対応できない場合があります。また、サイバーナイフは極めて小さながんを見つけることには優れていますが広い範囲のがんだとかえって逆効果になってしまう可能性があります。また、大量の放射線を浴びるため何らかの障害を発症してしまう可能性があるということにも注意が必要です。がん治療にサイバーナイフを選択する際は、放射線治療専門の医師に相談したうえで決定するのが良い方法です。

女性がなりやすい病気

髄膜腫は脳腫瘍の中でも一般的なもので日本人がかかりやすい病気といっても過言ではないでしょう。特に女性に多く見られるので、できるだけ定期健診や人間ドックを毎年受けるようにするのが賢明です。また、こういった病気になってしまったことを予め想定して、腕の良い医師がいる病院を探しておくといいでしょう。腕効きのドクターを探すならウェブサイトを活用するのがベストです。そうすることで空いた時間で病院を調べることができ、万が一、髄膜腫になってしまった場合でもすぐに対処することが可能です。

心身のバランスの病

聴診器

近年のストレス社会と呼ばれる日本では、自律神経失調症の患者が増加しています。交感神経と副交感神経のバランスが崩れる自律神経失調症は、身体症状を抑える薬物治療とストレスの軽減を組み合わせた治療が行われます。

もっと読む

背骨の神経の治し方

医者と看護師

脊柱管狭窄症には、薬物治療を主とする保存療法と、予後が一般的に良いとされる手術療法が存在します。患者や予備軍が増えている脊柱管狭窄症の情報は、近年積極的にメディアや医療機関から発信されるようになり、実際に検査や治療を受ける方が増えています。

もっと読む

原因不明の大腸の病気

医者

原因不明の免疫異常により、大腸の粘膜が炎症を起こしてしまう病気を潰瘍性大腸炎といいます。血便や嘔吐などの症状が長期的に繰り返し起こる場合は、病院で検査してみましょう。また、薬物治療や切除手術など、症状や検査結果によって治療法が異なります。

もっと読む